Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C3303]

八人の子供むつまじクリスマス    正岡子規
子規がクリスマスの季語をつかったこと、はじめて知りました。そういえば彼はベールボールを野球としたことでも知られていますね。
正月の俳句、川柳かも知れませんが一句。
 マンションのドアに輪飾り生きてます 漫歩
  • 2013-12-27 11:13
  • haikai
  • URL
  • 編集

[C3304] こんばんは!

八人の子供むつまじクリスマス    正岡子規

子規がクリスマスの季語をつかったこと、りまども
この記事を書くのに調べてはじめて知りました。
そうでしたね。さすが子規さんですね野球などと、
上手い表現ですね。

>  マンションのドアに輪飾り生きてます 漫歩

今は、リ-ス風の輪飾りも流行っていますね。

haikaiさん、お世話になり有り難うございました。
また来年も拙いブログを覗きに来て下さいませネ。
  • 2013-12-27 16:08
  • haikai さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

クリスマス

サンタ
illustrated by nantei


八人の子供むつまじクリスマス    正岡子規


昨日に続いて、ブログ友南亭さんのイラストをUPします。
以前にもUPしたのですが、
風情のある日本の古民家と西洋のサンタクロ-スさんが
マッチしていて、とても温かみを感じるイラストです。

クリスマスと言う季語は、
つい最近の季語かと思いましたら、正岡子規の句も有りました。

クリスマスの単語は、
俳句の世界で初めてカタカナで認められた季語とのことです。

1896(明治29)年に正岡子規が句集「寒山落木」の中に
↑の俳句でクリスマスという単語を初めて使っています。

りまどは、年に一度の楽しいクリスマスと
サンタクロースを待っていました。〔何も無いのですが・・・笑〕

サンタクロースは、
トナカイにひかせたソリに乗って現れ、
家々の煙突から降りてきて、
子供達におもちゃをプレゼントする

・・・と言われている夢をを未だに信じて。。。



コメント

[C3303]

八人の子供むつまじクリスマス    正岡子規
子規がクリスマスの季語をつかったこと、はじめて知りました。そういえば彼はベールボールを野球としたことでも知られていますね。
正月の俳句、川柳かも知れませんが一句。
 マンションのドアに輪飾り生きてます 漫歩
  • 2013-12-27 11:13
  • haikai
  • URL
  • 編集

[C3304] こんばんは!

八人の子供むつまじクリスマス    正岡子規

子規がクリスマスの季語をつかったこと、りまども
この記事を書くのに調べてはじめて知りました。
そうでしたね。さすが子規さんですね野球などと、
上手い表現ですね。

>  マンションのドアに輪飾り生きてます 漫歩

今は、リ-ス風の輪飾りも流行っていますね。

haikaiさん、お世話になり有り難うございました。
また来年も拙いブログを覗きに来て下さいませネ。
  • 2013-12-27 16:08
  • haikai さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

となみりまど

Author:となみりまど
FC2ブログへようこそ!
俳句が趣味の・・・普通の日記です。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。