Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C3530] ライラック

「リラ咲いて石炭船の霧笛かな」   
解釈できませんでした、夏井いつき、確かな選 だと思いました。

空もまた暮れつつリラの色となる・・・水原秋櫻子
リラの花含羞の風過ぎにけり・・・鷲谷七菜子

ライラックは英名・リラは仏名で、外国文学にはよく登場するはなである。
季語になじみがなかったです。  
  • 2014-05-05 14:26
  • 小姓
  • URL
  • 編集

[C3531] 霧笛

りまどさん、こんにちは。
石炭船、霧笛、リラなどが揃うとジャン・ギャバン主演で夜のマルセイユが舞台の・・・粋な雰囲気に聞こえます。
日本中あちこちに設置されていた霧笛、もうすべて廃止になってしまったようで残念です。

[C3532]

こんばんは。

ちゃくちゃくと歩を進めていますね。
厳しすぎる小姓教授からも、お褒めの言葉。

お慶び申しあげます^^

いまだにさっぱり解釈できないナンテイでありますが、
偉い方が認めた句には、ただただひれ伏す者です(・_・;)

  • 2014-05-05 20:07
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C3533] こんばんは!

> 「リラ咲いて石炭船の霧笛かな」   
> 解釈できませんでした、夏井いつき、確かな選 だと思いました。

自信の無い句でしたが・・思いがけない入選でした。
選は創作なり・・の思いが有ります。

ライラックは、北方季題選集にになっていて
こちらでは、馴染みの季語です。
  
ライラックは、未だ早いのですが
北国の花ですね。
札幌のライラック祭、それに亡くなった渡辺淳一氏の
〔リラ冷えの街〕それに・・当地にも
ライラックは、町にあちこち見れます。
  • 2014-05-07 22:16
  • 小姓 さんへ
  • URL
  • 編集

[C3534] こんばんは!

> 石炭船、霧笛、リラなどが揃うとジャン・ギャバン主演で夜のマルセイユが舞台の・・・粋な雰囲気に聞こえます。
> 日本中あちこちに設置されていた霧笛、もうすべて廃止になってしまったようで残念です。

夏井いつき選は、創作の舞台のごと素敵ですね。v-290

此処も5年ほど前に、霧笛はGPSの発達とかで
廃止になったと思いますが何かのイベントで鳴ることも有るようです。
石炭船は、今は頻繁に入港し
岸壁には、運搬のトラックが数珠をなしています。
  • 2014-05-07 22:34
  • kaz さんへ
  • URL
  • 編集

[C3535] こんばんは!

無事旅行から帰ってきました。
粗忽者のりまどは、行先を道東・・と書いていましたが
道南の間違いです。v-398

俳句は、選者が違えば・・
選外も有りますから運としか言えませんね。

霧笛も数年前の事を本当に今として・・
詠っていますし解りにくいかも知れませんね。
  • 2014-05-07 22:42
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

霧笛

2014,5,1,



リラ咲いて石炭船の霧笛かな      りまど



「リラ」「石炭船」「霧笛」という三つの単語から、
イギリスの港を思い浮かべました。
「石炭船」「霧笛」が暗いトーンの季語「石炭」「霧」をイメージさせつつ、
「リラ」という季語を主役に立てている点を誉めたい作品。
「リラ」の花の向こうに、薄暗く沈んだ港が見えてくる遠近感の作り方も
巧いですね。
インタ-ネット俳句会 夏井いつき選 地

久し振りの・・地 入選でした




なん


コメント

[C3530] ライラック

「リラ咲いて石炭船の霧笛かな」   
解釈できませんでした、夏井いつき、確かな選 だと思いました。

空もまた暮れつつリラの色となる・・・水原秋櫻子
リラの花含羞の風過ぎにけり・・・鷲谷七菜子

ライラックは英名・リラは仏名で、外国文学にはよく登場するはなである。
季語になじみがなかったです。  
  • 2014-05-05 14:26
  • 小姓
  • URL
  • 編集

[C3531] 霧笛

りまどさん、こんにちは。
石炭船、霧笛、リラなどが揃うとジャン・ギャバン主演で夜のマルセイユが舞台の・・・粋な雰囲気に聞こえます。
日本中あちこちに設置されていた霧笛、もうすべて廃止になってしまったようで残念です。

[C3532]

こんばんは。

ちゃくちゃくと歩を進めていますね。
厳しすぎる小姓教授からも、お褒めの言葉。

お慶び申しあげます^^

いまだにさっぱり解釈できないナンテイでありますが、
偉い方が認めた句には、ただただひれ伏す者です(・_・;)

  • 2014-05-05 20:07
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C3533] こんばんは!

> 「リラ咲いて石炭船の霧笛かな」   
> 解釈できませんでした、夏井いつき、確かな選 だと思いました。

自信の無い句でしたが・・思いがけない入選でした。
選は創作なり・・の思いが有ります。

ライラックは、北方季題選集にになっていて
こちらでは、馴染みの季語です。
  
ライラックは、未だ早いのですが
北国の花ですね。
札幌のライラック祭、それに亡くなった渡辺淳一氏の
〔リラ冷えの街〕それに・・当地にも
ライラックは、町にあちこち見れます。
  • 2014-05-07 22:16
  • 小姓 さんへ
  • URL
  • 編集

[C3534] こんばんは!

> 石炭船、霧笛、リラなどが揃うとジャン・ギャバン主演で夜のマルセイユが舞台の・・・粋な雰囲気に聞こえます。
> 日本中あちこちに設置されていた霧笛、もうすべて廃止になってしまったようで残念です。

夏井いつき選は、創作の舞台のごと素敵ですね。v-290

此処も5年ほど前に、霧笛はGPSの発達とかで
廃止になったと思いますが何かのイベントで鳴ることも有るようです。
石炭船は、今は頻繁に入港し
岸壁には、運搬のトラックが数珠をなしています。
  • 2014-05-07 22:34
  • kaz さんへ
  • URL
  • 編集

[C3535] こんばんは!

無事旅行から帰ってきました。
粗忽者のりまどは、行先を道東・・と書いていましたが
道南の間違いです。v-398

俳句は、選者が違えば・・
選外も有りますから運としか言えませんね。

霧笛も数年前の事を本当に今として・・
詠っていますし解りにくいかも知れませんね。
  • 2014-05-07 22:42
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

となみりまど

Author:となみりまど
FC2ブログへようこそ!
俳句が趣味の・・・普通の日記です。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。