Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C3703]

この写真も、弟さんの撮影ですか?

写真がお好きなんですねえ^^

こんな色があるなんて、初めて見ました!

「鶴の宿」。
想像を掻きたてるような・・・

私の知っているのは「黴の宿」(笑

  • 2014-07-22 18:58
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C3704] こんばんは!

そうそう・・義弟さんからのものです。
写真が好きで・・定年後あちこち撮影に行っているそうです。^^

> こんな色があるなんて、初めて見ました!

りまども驚きでした。

正式名は、「鶴の湯温泉」で、昔傷ついた鶴が
その温泉に入って傷を治したそうです。

道内には、睡蓮は多いのですが
蓮は、有名なところは4,5ケ所だけです。

鶴の湯温泉、早来町(胆振支庁/道央)で
一度だけ見事な蓮を見ました。

> 私の知っているのは「黴の宿」(笑

ああアアv-8・・・りまども知っていますよv-290


  • 2014-07-22 20:15
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

[C3705]

こちらにはご無沙汰で、まとめて…。

ズッキーニ、ホントに大きかったですね。
アメリカのズッキーニみたいです。

>追想の父の棹歌川開

りまどさんのお父上は船の仕事をしていらっしゃったんですね。

>引き綱で参る社や炎天下

ひねって、船を船で索引する綱かな…と。
すると、これもお父上の追憶?

7月21日の海の日は、横浜みなとみらいに係留されている帆船「日本丸」が帆を張ってお化粧。
観には行きませんでしたが(笑。

>滝風のいつもと違ふ燥ぎぶり
滝風がはしゃぐというのは楽しい見方ですね。

サボテンの花は、あのトゲトゲのサボテンとは思えないような可憐な花ですね。

蓮、北海道でも見られるんですね。
インドと北海道では、かなりの気候差ですよね。
「蓮と菊」と言うと、インドの人がよく例える「インドと日本」の象徴です。

ダリアやカンナはインドでも名前が同じです。
インドのダリアは大輪で、天竺牡丹の名があるのも納得できます。

ではまたお邪魔します。

[C3706] お早う御座います。

ズッキーニは、油断が出来ません。
直ぐ大きくなります。1本の苗なのですが
次々に収穫できます。アメリカのは、見たことが無いのですが
大きなズッキーニなのでしょうね。

父は生涯一漁師でした。

>引き綱で参る社や炎天下

近郊にある家杜です。
引き綱を引っ張って上って往きます。

こちらも7月21日の海の日は、炎天でした。
黄金岬のゴ-ルデンビーチは、大変な人でだったそうです。笑

> 滝風がはしゃぐというのは楽しい見方ですね。

・・はしゃいでいる様に見えました。v-8

サボテンの花は、残念ですが・・今は、萎んでしまいました。
でも、次が・・伸びてきていますので楽しみです。

北海道は、蓮の見れるところは、道央、道南に限られます。
ここは、睡蓮です。

> 「蓮と菊」と言うと、インドの人がよく例える「インドと日本」の象徴です。
> ダリアやカンナはインドでも名前が同じです。
> インドのダリアは大輪で、天竺牡丹の名があるのも納得できます。

そうでしたか。。。
色々教えて下さり有り難う御座います。
  • 2014-07-23 08:58
  • むくさんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

蓮咲いて

_佐原のハス1
水郷佐原の蓮


蓮咲いてゆっくり暮るる鶴の宿          りまど


季語=蓮、蓮の花、夏


なん





コメント

[C3703]

この写真も、弟さんの撮影ですか?

写真がお好きなんですねえ^^

こんな色があるなんて、初めて見ました!

「鶴の宿」。
想像を掻きたてるような・・・

私の知っているのは「黴の宿」(笑

  • 2014-07-22 18:58
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C3704] こんばんは!

そうそう・・義弟さんからのものです。
写真が好きで・・定年後あちこち撮影に行っているそうです。^^

> こんな色があるなんて、初めて見ました!

りまども驚きでした。

正式名は、「鶴の湯温泉」で、昔傷ついた鶴が
その温泉に入って傷を治したそうです。

道内には、睡蓮は多いのですが
蓮は、有名なところは4,5ケ所だけです。

鶴の湯温泉、早来町(胆振支庁/道央)で
一度だけ見事な蓮を見ました。

> 私の知っているのは「黴の宿」(笑

ああアアv-8・・・りまども知っていますよv-290


  • 2014-07-22 20:15
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

[C3705]

こちらにはご無沙汰で、まとめて…。

ズッキーニ、ホントに大きかったですね。
アメリカのズッキーニみたいです。

>追想の父の棹歌川開

りまどさんのお父上は船の仕事をしていらっしゃったんですね。

>引き綱で参る社や炎天下

ひねって、船を船で索引する綱かな…と。
すると、これもお父上の追憶?

7月21日の海の日は、横浜みなとみらいに係留されている帆船「日本丸」が帆を張ってお化粧。
観には行きませんでしたが(笑。

>滝風のいつもと違ふ燥ぎぶり
滝風がはしゃぐというのは楽しい見方ですね。

サボテンの花は、あのトゲトゲのサボテンとは思えないような可憐な花ですね。

蓮、北海道でも見られるんですね。
インドと北海道では、かなりの気候差ですよね。
「蓮と菊」と言うと、インドの人がよく例える「インドと日本」の象徴です。

ダリアやカンナはインドでも名前が同じです。
インドのダリアは大輪で、天竺牡丹の名があるのも納得できます。

ではまたお邪魔します。

[C3706] お早う御座います。

ズッキーニは、油断が出来ません。
直ぐ大きくなります。1本の苗なのですが
次々に収穫できます。アメリカのは、見たことが無いのですが
大きなズッキーニなのでしょうね。

父は生涯一漁師でした。

>引き綱で参る社や炎天下

近郊にある家杜です。
引き綱を引っ張って上って往きます。

こちらも7月21日の海の日は、炎天でした。
黄金岬のゴ-ルデンビーチは、大変な人でだったそうです。笑

> 滝風がはしゃぐというのは楽しい見方ですね。

・・はしゃいでいる様に見えました。v-8

サボテンの花は、残念ですが・・今は、萎んでしまいました。
でも、次が・・伸びてきていますので楽しみです。

北海道は、蓮の見れるところは、道央、道南に限られます。
ここは、睡蓮です。

> 「蓮と菊」と言うと、インドの人がよく例える「インドと日本」の象徴です。
> ダリアやカンナはインドでも名前が同じです。
> インドのダリアは大輪で、天竺牡丹の名があるのも納得できます。

そうでしたか。。。
色々教えて下さり有り難う御座います。
  • 2014-07-23 08:58
  • むくさんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

となみりまど

Author:となみりまど
FC2ブログへようこそ!
俳句が趣味の・・・普通の日記です。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。