Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C4086]

三学期がはいりましたよ。教室には、6年生まで
あと45にちという日めくりカレンダーがありました。どんどんと6年生に1歩1歩ちかずいています。
雪がたくさん降っているようですが、かぜに気をつけてください。また春にそちらへ行きます。
  • 2015-01-20 17:13
  • たいけ
  • URL
  • 編集

[C4087] こんばんは!

先日は、重たいのに荷物を持って行ってくれて
有難う!
お陰様で新しいパソコンに ようやく慣れました。

三学期ですね。
短いから、やり残しが無いように
がんばってね!

>教室には、6年生まで あと45にちという日めくりカレンダーがありました。どんどんと6年生に1歩1歩ちかずいています。

そうなのですか?教室の様子を詳しく有難う。
6年生になる自覚をうながす 先生の素敵な伝言ですね!

> 雪がたくさん降っているようですが、かぜに気をつけてください。また春にそちらへ行きます。

本日は、今季最大の積雪で 除雪に3時間かかりました。
草臥(くたび)れていましたら・・
屋根の雪がどどどどう-と落ちて
また 窓を確保するためにv-290
除雪・・もう!大変な1日でした。

今夜は、これから小平に古文書(こもんじょ)の
勉強会にゆきます。

たいけ君も風邪ひかないで勉強に
部活、楽しんでね!

春休み・・待っているからねv-411
  • 2015-01-20 17:59
  • たいけ君へ
  • URL
  • 編集

[C4088] ご無沙汰しています。

巻頭が<切山椒道のせばまる風の音>
風の音の聞こえる方で道狭がまっていることを感じている。
こんな捉え方は今までないんじゃないか。
池田_<切山椒>はどうしたんですか。
高野_お土産に買って来たんだろう。
小澤_あまり効いていないようなんですが。
<切山椒>が吹き飛ばされそうな感じ
高野_なるほど、<初雀手に載せたくてみてをりぬ>は面白い。
正木_これはいい。
。―――――。
高野先生も新鮮な句には触手が動くのでしょう。
ちょつと好意的な深読みだと思う。
文脈から読み解けば選者、四氏とも否定句なのでしょう。
――――――――――――――――――――――――――――――
<空腹やつぶさにみゆる六花>空腹感と、降ってくる雪の結晶をしっかり見つめている。
この感覚は独自の捉え方です。

見つめていても雪の結晶まで見えるだろうか。
独自の捉え方、と奇を衒うは紙一重の危うさがある。
―――――――――――
<早春の古鏡のごとき潮溜まり>春の浜辺の感じがよく出ている。

如く俳句は主観の最たるもの。
<トゥモローランド>は普遍性がない。
句意が一発で飛び込んでこない。
小澤_砂か、岩か、もいちょっと<ここまで来るか>をみせてもらいたい。
俳句は曖昧的もいい、幅、奥行きが出る。
池田先生の発言がなかったのはなぜだろう。
  • 2015-01-20 20:27
  • 小姓
  • URL
  • 編集

[C4089] お早う御座います。

切山椒道のせばまる風の音
俳句に名前は要らないと思いますが
調べましたら、平井岳人さんという方の句でした。

書かれている内容から 角川の俳句賞の
選考過程と思われます。

長文のタイピングも大変だったでしょうね。
小姓さん独自のとらえ方や
句に対する疑問、不勉強なりまど・・
再度読ませて頂きます。
有難う御座いましたv-398

  • 2015-01-21 11:41
  • 小姓さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

二日灸

2015,1,18,5


良く笑ふ隣家の夫人二日灸          りまど


季語=二日灸、春
     陰暦2月2日にすえる灸。
     この日に灸をすえると年中息災であるという。
     8月2日にすえる灸にもいう。ふつかやいと。

     本家の祖母は、よく灸をしていた。
     ヨモギを乾燥させて それをもみ確か
     もぐさと言っていました。
     冬の仕事のない時、近所の婦人達にも
     灸をしていたのを、かいま見た事が有る。



なん






コメント

[C4086]

三学期がはいりましたよ。教室には、6年生まで
あと45にちという日めくりカレンダーがありました。どんどんと6年生に1歩1歩ちかずいています。
雪がたくさん降っているようですが、かぜに気をつけてください。また春にそちらへ行きます。
  • 2015-01-20 17:13
  • たいけ
  • URL
  • 編集

[C4087] こんばんは!

先日は、重たいのに荷物を持って行ってくれて
有難う!
お陰様で新しいパソコンに ようやく慣れました。

三学期ですね。
短いから、やり残しが無いように
がんばってね!

>教室には、6年生まで あと45にちという日めくりカレンダーがありました。どんどんと6年生に1歩1歩ちかずいています。

そうなのですか?教室の様子を詳しく有難う。
6年生になる自覚をうながす 先生の素敵な伝言ですね!

> 雪がたくさん降っているようですが、かぜに気をつけてください。また春にそちらへ行きます。

本日は、今季最大の積雪で 除雪に3時間かかりました。
草臥(くたび)れていましたら・・
屋根の雪がどどどどう-と落ちて
また 窓を確保するためにv-290
除雪・・もう!大変な1日でした。

今夜は、これから小平に古文書(こもんじょ)の
勉強会にゆきます。

たいけ君も風邪ひかないで勉強に
部活、楽しんでね!

春休み・・待っているからねv-411
  • 2015-01-20 17:59
  • たいけ君へ
  • URL
  • 編集

[C4088] ご無沙汰しています。

巻頭が<切山椒道のせばまる風の音>
風の音の聞こえる方で道狭がまっていることを感じている。
こんな捉え方は今までないんじゃないか。
池田_<切山椒>はどうしたんですか。
高野_お土産に買って来たんだろう。
小澤_あまり効いていないようなんですが。
<切山椒>が吹き飛ばされそうな感じ
高野_なるほど、<初雀手に載せたくてみてをりぬ>は面白い。
正木_これはいい。
。―――――。
高野先生も新鮮な句には触手が動くのでしょう。
ちょつと好意的な深読みだと思う。
文脈から読み解けば選者、四氏とも否定句なのでしょう。
――――――――――――――――――――――――――――――
<空腹やつぶさにみゆる六花>空腹感と、降ってくる雪の結晶をしっかり見つめている。
この感覚は独自の捉え方です。

見つめていても雪の結晶まで見えるだろうか。
独自の捉え方、と奇を衒うは紙一重の危うさがある。
―――――――――――
<早春の古鏡のごとき潮溜まり>春の浜辺の感じがよく出ている。

如く俳句は主観の最たるもの。
<トゥモローランド>は普遍性がない。
句意が一発で飛び込んでこない。
小澤_砂か、岩か、もいちょっと<ここまで来るか>をみせてもらいたい。
俳句は曖昧的もいい、幅、奥行きが出る。
池田先生の発言がなかったのはなぜだろう。
  • 2015-01-20 20:27
  • 小姓
  • URL
  • 編集

[C4089] お早う御座います。

切山椒道のせばまる風の音
俳句に名前は要らないと思いますが
調べましたら、平井岳人さんという方の句でした。

書かれている内容から 角川の俳句賞の
選考過程と思われます。

長文のタイピングも大変だったでしょうね。
小姓さん独自のとらえ方や
句に対する疑問、不勉強なりまど・・
再度読ませて頂きます。
有難う御座いましたv-398

  • 2015-01-21 11:41
  • 小姓さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

となみりまど

Author:となみりまど
FC2ブログへようこそ!
俳句が趣味の・・・普通の日記です。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。