Entries

六月

牡丹001


牡丹咲く母の知らざる日の朝        りまど


季語=牡丹、ぼうたん夏
     ボタン科の落葉小低木。中国原産。
     日本でも古くから栽培。高さ約1メートル。
     葉は白緑色で羽状に分裂し,さらに切れ込む。
     初夏,枝先に径10~20センチメートルの花を開く。
     園芸品種は重弁で,紅・白・淡紅・紫・黄など。
     根皮は漢方で婦人薬として利用。

     父母の一三回忌を済ませた。
     実際には、母の忌は六月八日なのだが
     父の忌に合わせました。
     生きている私達姉妹弟 四人どうにか元気で
     忌を修す事が出来て 天国の両親も喜んでいるのでは・・

     今朝、母が好きだった牡丹が咲きました。




なん

コメント

[C4356]

母の思い出は、花とともにあるという方が多いですね。

「曼珠沙華抱くほどとれど母恋し(汀女)」
義母が亡くなってしばらく、
家内はこの句を見ては泣いていたような・・・

その義母と義父の十七回忌も、合わせて昨年済ませました。
私の父母は今年、70回忌になります。

母が好きな花、全くわからないままです。
  • 2015-06-02 09:16
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C4357] こんにちは!

そのようですね 。
特にりまどは、親不孝をしていましたし
両親が亡くなってから・・夫婦で生家に戻りました。
両親は、それを知りませんからv-395

> 「曼珠沙華抱くほどとれど母恋し(汀女)」

花人様も俳句をなさっていたのですね。
今 再度この句を読むと・・泣けますv-404

> 私の父母は今年、70回忌になります。
> 母が好きな花、全くわからないままです。

えっ・・70回忌!
じゃ・・生まれて直ぐにお二人とも
亡くなられたのですね。
お爺様の写真は、前に拝見しました。
立派な方でしたね。

母の知らざる日々を細々と(体型は・・太目)生きています。
  • 2015-06-02 12:51
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

となみりまど

Author:となみりまど
FC2ブログへようこそ!
俳句が趣味の・・・普通の日記です。

検索フォーム