Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C4759]

全国区の大活躍、凄いですね!
それと句会に投稿と、そのパワーには驚くばかり@@
既に萎みきってしまったナンテイ・・・
パワーの一粒でも恵んでいただきたいものです(-_-;)

賞品がもらえる俳句募集があったとは、知らなかった。
いいなあ~(..)
何事も才能と努力ですね。

ともあれ、おめでとうございます^^




  • 2015-11-01 23:54
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C4760]

りまどさん、26年度が今届くのであれば、清子の27年度は来年でしょうか?

どんなお茶が届きましたか?
人によって、届くお茶が違うらしいとか。。。
それも楽しみの一つでしょうか。

29年以降と言われているので、忘れてしまって、届いた時の楽しみにするのがいいかも?ですね。
  • 2015-11-02 12:36
  • おたまおばさん
  • URL
  • 編集

[C4761] こんにちは!

前にも一度入選しましたが
只の佳作で・・プレゼンののお茶、名前入りは
有りませんでした。
お茶が届くまで・・1年と少しかかりました
生きて居て良かったです 大笑い!

> 賞品がもらえる俳句募集があったとは、知らなかった。

お-い!お茶は・・賞金50万円からありますから
南亭さんも挑戦して見て下さい。
何事も・・努力と投句ですね。v-8

> ともあれ、おめでとうございます^^

有難う・・親戚、句友におすそ分けしています。
近くでしたらお届けするのですがね・・(*'▽')
  • 2015-11-02 12:45
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

[C4762] こんにちは!

りまどは、1年以上かかって居ますから
清子さんも気長に待って居て下さいませね。

> どんなお茶が届きましたか?

絶品ほうじ茶525MLです。4名の俳句入りです。
後で写真載せますね。
入選のランクでお茶が違うのでしょうね (笑) 

> 29年以降と言われているので、忘れてしまって、届いた時の楽しみにするのがいいかも?ですね。

貰えるものですから・・意外と忘れませんよ!(笑)
でも・・高齢の方ですたら解りませんがね・・
  • 2015-11-02 12:54
  • おたまさんへ
  • URL
  • 編集

[C4776] 狐火の峰を渡りてそれつきり

別ブランドのお茶を買うことが多いのですが、夏にはときどきお世話になったお~いお茶。
ペットボトルの句を読みながら、最近は選考基準が変わったきたのかな、なんて残念に思うことも。
こんな句が入選すると知れば、捨てたものではない、見直さなければ…と思う次第です。

狐火、実際に見たことがある人は少ないことでしょう。
私もありません。
見たことがなくても一定の想像ができるのは、子供の頃から狐火にまつわる話を聞いてきたからでしょうか。
怪談などの「怖い話」が成立するのは、人間は暗闇を怖がる動物だからであり、そうした怖いものに対して、危険予知本能を持っているからではないか、と思います。
狐火の正体についてはいろいろな説がありますが、正体が解明されてしまうと怖さもなくなるわけで、謎であるから狐火なのだ、とも言えるでしょうか。
その謎めく狐火が峰を渡って「それっきり」だったとは見事な惜辞。
  • 2015-11-08 06:21
  • むく
  • URL
  • 編集

[C4779] こんにちは!


> こんな句が入選すると知れば、捨てたものではない、見直さなければ…と思う次第です。

むくさんへ・・書き方投稿の仕方が悪くごめんなさいませ。
入選句は 別の句です。

狐火の句をかいて出かけようとして居ましたらお茶が届いたもので
そのままにUPしていました。

狐火の句は結社の俳誌に載りました。
りまどの好きな・・
私の代表句です(これっりきり・・駄句ばかりですので (笑))

狐火は、姉達がこの地で火の用心の
子供夜周りの時に見たそうです。
大騒ぎになり その後夜周りは、廃止になりました。
その話を句にしたものです。v-290

> 見たことがなくても一定の想像ができるのは、子供の頃から狐火にまつわる話を聞いてきたからでしょうか。
> 怪談などの「怖い話」が成立するのは、人間は暗闇を怖がる動物だからであり、そうした怖いものに対して、危険予知本能を持っているからではないか、と思います。
> 狐火の正体についてはいろいろな説がありますが、正体が解明されてしまうと怖さもなくなるわけで、謎であるから狐火なのだ、とも言えるでしょうか。
> その謎めく狐火が峰を渡って「それっきり」だったとは見事な惜辞。

色々と検証講評を有難う御座いました。
りまどは、見て居ないのですが 暗い夜道を
帰る時など・・遠いあの夜の大騒ぎした狐火事件を何時も
思い出してしまいます。

>「それっきり」だったとは見事な惜辞。

どうも有り難う御座いますv-398
  • 2015-11-08 14:36
  • むくさんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

狐火

DSCF9731.jpg


狐火の峰を渡りてそれつきり      りまど


平成26年度の伊藤園お-いお茶新俳句佳作特別賞の
名入りのお茶が届きました。
本日朝、旭川に行く前に届いて良かったです。
今・・帰宅しました。

絶品ほうじ茶525ML 24本頂きました

DSCF9777.jpg


なん


コメント

[C4759]

全国区の大活躍、凄いですね!
それと句会に投稿と、そのパワーには驚くばかり@@
既に萎みきってしまったナンテイ・・・
パワーの一粒でも恵んでいただきたいものです(-_-;)

賞品がもらえる俳句募集があったとは、知らなかった。
いいなあ~(..)
何事も才能と努力ですね。

ともあれ、おめでとうございます^^




  • 2015-11-01 23:54
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C4760]

りまどさん、26年度が今届くのであれば、清子の27年度は来年でしょうか?

どんなお茶が届きましたか?
人によって、届くお茶が違うらしいとか。。。
それも楽しみの一つでしょうか。

29年以降と言われているので、忘れてしまって、届いた時の楽しみにするのがいいかも?ですね。
  • 2015-11-02 12:36
  • おたまおばさん
  • URL
  • 編集

[C4761] こんにちは!

前にも一度入選しましたが
只の佳作で・・プレゼンののお茶、名前入りは
有りませんでした。
お茶が届くまで・・1年と少しかかりました
生きて居て良かったです 大笑い!

> 賞品がもらえる俳句募集があったとは、知らなかった。

お-い!お茶は・・賞金50万円からありますから
南亭さんも挑戦して見て下さい。
何事も・・努力と投句ですね。v-8

> ともあれ、おめでとうございます^^

有難う・・親戚、句友におすそ分けしています。
近くでしたらお届けするのですがね・・(*'▽')
  • 2015-11-02 12:45
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

[C4762] こんにちは!

りまどは、1年以上かかって居ますから
清子さんも気長に待って居て下さいませね。

> どんなお茶が届きましたか?

絶品ほうじ茶525MLです。4名の俳句入りです。
後で写真載せますね。
入選のランクでお茶が違うのでしょうね (笑) 

> 29年以降と言われているので、忘れてしまって、届いた時の楽しみにするのがいいかも?ですね。

貰えるものですから・・意外と忘れませんよ!(笑)
でも・・高齢の方ですたら解りませんがね・・
  • 2015-11-02 12:54
  • おたまさんへ
  • URL
  • 編集

[C4776] 狐火の峰を渡りてそれつきり

別ブランドのお茶を買うことが多いのですが、夏にはときどきお世話になったお~いお茶。
ペットボトルの句を読みながら、最近は選考基準が変わったきたのかな、なんて残念に思うことも。
こんな句が入選すると知れば、捨てたものではない、見直さなければ…と思う次第です。

狐火、実際に見たことがある人は少ないことでしょう。
私もありません。
見たことがなくても一定の想像ができるのは、子供の頃から狐火にまつわる話を聞いてきたからでしょうか。
怪談などの「怖い話」が成立するのは、人間は暗闇を怖がる動物だからであり、そうした怖いものに対して、危険予知本能を持っているからではないか、と思います。
狐火の正体についてはいろいろな説がありますが、正体が解明されてしまうと怖さもなくなるわけで、謎であるから狐火なのだ、とも言えるでしょうか。
その謎めく狐火が峰を渡って「それっきり」だったとは見事な惜辞。
  • 2015-11-08 06:21
  • むく
  • URL
  • 編集

[C4779] こんにちは!


> こんな句が入選すると知れば、捨てたものではない、見直さなければ…と思う次第です。

むくさんへ・・書き方投稿の仕方が悪くごめんなさいませ。
入選句は 別の句です。

狐火の句をかいて出かけようとして居ましたらお茶が届いたもので
そのままにUPしていました。

狐火の句は結社の俳誌に載りました。
りまどの好きな・・
私の代表句です(これっりきり・・駄句ばかりですので (笑))

狐火は、姉達がこの地で火の用心の
子供夜周りの時に見たそうです。
大騒ぎになり その後夜周りは、廃止になりました。
その話を句にしたものです。v-290

> 見たことがなくても一定の想像ができるのは、子供の頃から狐火にまつわる話を聞いてきたからでしょうか。
> 怪談などの「怖い話」が成立するのは、人間は暗闇を怖がる動物だからであり、そうした怖いものに対して、危険予知本能を持っているからではないか、と思います。
> 狐火の正体についてはいろいろな説がありますが、正体が解明されてしまうと怖さもなくなるわけで、謎であるから狐火なのだ、とも言えるでしょうか。
> その謎めく狐火が峰を渡って「それっきり」だったとは見事な惜辞。

色々と検証講評を有難う御座いました。
りまどは、見て居ないのですが 暗い夜道を
帰る時など・・遠いあの夜の大騒ぎした狐火事件を何時も
思い出してしまいます。

>「それっきり」だったとは見事な惜辞。

どうも有り難う御座いますv-398
  • 2015-11-08 14:36
  • むくさんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

となみりまど

Author:となみりまど
FC2ブログへようこそ!
俳句が趣味の・・・普通の日記です。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。