Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C4769]

夜分に・・・(>_<)

その「なんとか火」ってどう読むんですか~
また、どんなものですか~(~_~;)

知らないけど、なんだか素晴らしい句だと思うのですが・・・
すみませんね(>_<)。

それより、鉛色の海と牙を剥くような波が、
故郷の海岸、親不知・子不知の冬を彷彿とさせてくれます。
正月に里帰りする車窓から見えた、吹雪と暗い海に刃物の如く寄せる冬濤・・・・
ときどき寂れた漁師小屋が幻のようによぎる親不知の風景は、悲しくも愛おしいような光景で、
今も忘れることがありません。

このお写真は、なだらかな浜の景色ですが、
北国の厳しい冬を彷彿とさせてくれました。

長々とすんません(-_-;)

ところで「なんとか火」とは・・・??

「自分で調べなさいっ!」てね(笑!



  • 2015-11-04 22:52
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C4770] こんばんは!

まだ起きて居ましたよ。BSの映画3丁目の夕日を見てから
俳句を作って居ました。

知って居て聞いて居るのでしょうが (笑)
榾火・・ほだび です。
季語集には 山村で囲炉裏に用いる焚きもの・・榾明かり、榾の宿

大榾をかへせば裏は一面火      高野素十

が有りました。

> それより、鉛色の海と牙を剥くような波が、
> 故郷の海岸、親不知・子不知の冬を彷彿とさせてくれます。
> 正月に里帰りする車窓から見えた、吹雪と暗い海に刃物の如く寄せる冬濤・・・・
> ときどき寂れた漁師小屋が幻のようによぎる親不知の風景は、悲しくも愛おしいような光景で、
> 今も忘れることがありません。

上のコメント・・上手すぎて (笑)
小説みたいです!有難うv-290

10月30日の隣町臼谷海水浴場の風景です。
自宅から歩いて小平の句会へと思いましたが途中で
雨に成り 臼谷町でバスを待ちました。

誰も居ない海水浴場は、波の花が飛んでいました。
写真を撮りながら・・20分バスを待ちました。

おやすみなさい(@^^)/~~~
  • 2015-11-04 23:46
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

[C4771] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C4772] こんばんは!

> 「ほだび」ですね。しっかり覚えて、今年の冬は1句詠んでみませう。

ほだび、榾の宿・・で是非!詠んで見て下さいませ。
妹の家は、薪を焚いて居ますから
榾火が・・身近です。それにこの地は、お年寄りが流木を拾い
石炭と薪を焚く方が今も多いのです。
薪の暖かさは、優しくてとても良いですよ。

思案中です。。。兼題が有れば詠みやすいかと
安易に考えていましたが・・。

コメント有難う(*'▽')


  • 2015-11-05 21:14
  • 4771さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

聞き役

DSCF9770.jpg



聞き役に徹してゐたる榾火かな           りまど





なん

コメント

[C4769]

夜分に・・・(>_<)

その「なんとか火」ってどう読むんですか~
また、どんなものですか~(~_~;)

知らないけど、なんだか素晴らしい句だと思うのですが・・・
すみませんね(>_<)。

それより、鉛色の海と牙を剥くような波が、
故郷の海岸、親不知・子不知の冬を彷彿とさせてくれます。
正月に里帰りする車窓から見えた、吹雪と暗い海に刃物の如く寄せる冬濤・・・・
ときどき寂れた漁師小屋が幻のようによぎる親不知の風景は、悲しくも愛おしいような光景で、
今も忘れることがありません。

このお写真は、なだらかな浜の景色ですが、
北国の厳しい冬を彷彿とさせてくれました。

長々とすんません(-_-;)

ところで「なんとか火」とは・・・??

「自分で調べなさいっ!」てね(笑!



  • 2015-11-04 22:52
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C4770] こんばんは!

まだ起きて居ましたよ。BSの映画3丁目の夕日を見てから
俳句を作って居ました。

知って居て聞いて居るのでしょうが (笑)
榾火・・ほだび です。
季語集には 山村で囲炉裏に用いる焚きもの・・榾明かり、榾の宿

大榾をかへせば裏は一面火      高野素十

が有りました。

> それより、鉛色の海と牙を剥くような波が、
> 故郷の海岸、親不知・子不知の冬を彷彿とさせてくれます。
> 正月に里帰りする車窓から見えた、吹雪と暗い海に刃物の如く寄せる冬濤・・・・
> ときどき寂れた漁師小屋が幻のようによぎる親不知の風景は、悲しくも愛おしいような光景で、
> 今も忘れることがありません。

上のコメント・・上手すぎて (笑)
小説みたいです!有難うv-290

10月30日の隣町臼谷海水浴場の風景です。
自宅から歩いて小平の句会へと思いましたが途中で
雨に成り 臼谷町でバスを待ちました。

誰も居ない海水浴場は、波の花が飛んでいました。
写真を撮りながら・・20分バスを待ちました。

おやすみなさい(@^^)/~~~
  • 2015-11-04 23:46
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

[C4771] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C4772] こんばんは!

> 「ほだび」ですね。しっかり覚えて、今年の冬は1句詠んでみませう。

ほだび、榾の宿・・で是非!詠んで見て下さいませ。
妹の家は、薪を焚いて居ますから
榾火が・・身近です。それにこの地は、お年寄りが流木を拾い
石炭と薪を焚く方が今も多いのです。
薪の暖かさは、優しくてとても良いですよ。

思案中です。。。兼題が有れば詠みやすいかと
安易に考えていましたが・・。

コメント有難う(*'▽')


  • 2015-11-05 21:14
  • 4771さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

となみりまど

Author:となみりまど
FC2ブログへようこそ!
俳句が趣味の・・・普通の日記です。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。