Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C5008]

今日、例月の病院に行き、
同じく薬局での待ち時間に、
いつも流している自然を映したVTRを見ていました。

たまたま根室半島のキタキツネを追った番組で、
厳寒のこの時期、お腹を満たすために、
XX?ネズミを狩猟するシーンがありました。
見事な狩りのテクニックに感心しましたが、
失敗の多いのには思わず「ざんねん!」と、叫んでしまいました!
生きるということは、辛いものですね。

ちちははと離れて聡しキタキツネ・・・(南

これはどの生き物、どの季節にもいえることで、
生ぬるい句でした(-_-;)

並み居る俳人さまには、お目汚し。
アハハハハ(^_^;)
  • 2016-01-15 21:32
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C5009] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C5010] こんばんは!

例月の病院に行き、・・・
りまどは、2ヶ月に1辺です。(笑)

> たまたま根室半島のキタキツネを追った番組で、
> 厳寒のこの時期、お腹を満たすために、
> XX?ネズミを狩猟するシーンがありました。

この町では、雪ですから ネズミなどは
全く取れないのでひたすら歩いているようです。

漁師の人が、海に魚の残骸を捨てるので
それを狙ってゴメと争ったりしています。

> 生きるということは、辛いものですね。

はい・・りまども同じですv-388

> ちちははと離れて聡しキタキツネ・・・(南

昨年 親子の狐を見ました。
子狐が たぶん空腹で歩けず木の根っこに
蹲ってしまいました。

親狐が 励ましてけたたましく啼いたのです。
近所の犬まで・・吠えまくって。

少し休んで親子は、山へ帰りました。v-398
  • 2016-01-15 22:07
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

[C5011] こんばんは!

主宰氏の句会で勉強できるのは羨ましいです。

りまどは、1度も有りませんよ。
月1度主宰の句会有るのですが・・遠くて行けません。

ここの支部の句会は、同人さんです。
同好会みたいです・・びしびし厳しいこと言われる主宰の句会は
上達して良いと思いますよ。v-411

本日、結社への5句と課題句を
投句用紙に書きましたが
25日までの内に再度見直すつもりです。

また、ブログにお邪魔しますねv-398
  • 2016-01-15 22:22
  • 5009さんへ
  • URL
  • 編集

[C5012] きたきつね

フォックスフェイスという果実(かな)を見て狐の句をと思いましたが、ダメ。
子供の頃は声も聞いたかと思いますが、覚えていません。
タヌキにしようかな。

[C5013] こんばんは!

> フォックスフェイスという果実(かな)を見て狐の句をと思いましたが、ダメ。

v-290ツノナスの事ですね・・
鉢植えを見たことが有ります・・笑
狐にそっくりですね。。

> 子供の頃は声も聞いたかと思いますが、覚えていません。

秋の夜には、よく啼き声を聞きました。
甲高い声できゅうんと・・・鳴くんです。コンコンじゃありませんv-410

> タヌキにしようかな。

狸の俳句作って下さい。
たぬきも、昔はゐたのですが最近は、足跡有りません。
狐とは違い短足ですから 
雪に胴体を擦って歩きますv-411
  • 2016-01-15 22:47
  • むくさんへ
  • URL
  • 編集

[C5014]

足跡を道と呼びたる雪野かな    鈴木牛後

先日の「まる裏甲子園」で最優秀作品となった
北海道の方の句ですが、りまどさんの写真も
俳句も、まさに「北海道」という感じですね。

果てしなき雪原に足跡をのこすキタキツネは
一体どこで寝ているのでしょう !(^^)!
まさに神出鬼没、「奔放」ですね。

[C5015] おはようございます。

> 足跡を道と呼びたる雪野かな    鈴木牛後
> 先日の「まる裏甲子園」で最優秀作品となった
> 北海道の方の句ですが、りまどさんの写真も
> 俳句も、まさに「北海道」という感じですね。

良い句ですねv-425
はい・・牛後さんは、イタックの俳人さんで
確か奥様も俳句をなさっていますね。v-410

十志夫さんの記事を読んで・・あれっ!と思いました。
優賞為さった句を、どこかで読んだと思いましたの。
のぞき見させて頂いて居る (つれずれなる●っ●)さんでしたね。
その方のブログでまる裏甲子園の様子を読んで居ましたよ。v-411

> まさに神出鬼没、「奔放」ですね。

彷徨って居ますが、塒は前山です。
帰る姿を何度も見たことが有ります。
前山には、蝦夷鹿家族や狐の親子も居るはず・・

羆は・・居ないと思いますv-413
  • 2016-01-16 11:05
  • 十志夫さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

キタキツネ

DSCF0049.jpg


北狐とほく行くとき奔放に                りまど


DSCF0055.jpg

DSCF0048.jpg

DSCF0046.jpg


なん

コメント

[C5008]

今日、例月の病院に行き、
同じく薬局での待ち時間に、
いつも流している自然を映したVTRを見ていました。

たまたま根室半島のキタキツネを追った番組で、
厳寒のこの時期、お腹を満たすために、
XX?ネズミを狩猟するシーンがありました。
見事な狩りのテクニックに感心しましたが、
失敗の多いのには思わず「ざんねん!」と、叫んでしまいました!
生きるということは、辛いものですね。

ちちははと離れて聡しキタキツネ・・・(南

これはどの生き物、どの季節にもいえることで、
生ぬるい句でした(-_-;)

並み居る俳人さまには、お目汚し。
アハハハハ(^_^;)
  • 2016-01-15 21:32
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C5009] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C5010] こんばんは!

例月の病院に行き、・・・
りまどは、2ヶ月に1辺です。(笑)

> たまたま根室半島のキタキツネを追った番組で、
> 厳寒のこの時期、お腹を満たすために、
> XX?ネズミを狩猟するシーンがありました。

この町では、雪ですから ネズミなどは
全く取れないのでひたすら歩いているようです。

漁師の人が、海に魚の残骸を捨てるので
それを狙ってゴメと争ったりしています。

> 生きるということは、辛いものですね。

はい・・りまども同じですv-388

> ちちははと離れて聡しキタキツネ・・・(南

昨年 親子の狐を見ました。
子狐が たぶん空腹で歩けず木の根っこに
蹲ってしまいました。

親狐が 励ましてけたたましく啼いたのです。
近所の犬まで・・吠えまくって。

少し休んで親子は、山へ帰りました。v-398
  • 2016-01-15 22:07
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

[C5011] こんばんは!

主宰氏の句会で勉強できるのは羨ましいです。

りまどは、1度も有りませんよ。
月1度主宰の句会有るのですが・・遠くて行けません。

ここの支部の句会は、同人さんです。
同好会みたいです・・びしびし厳しいこと言われる主宰の句会は
上達して良いと思いますよ。v-411

本日、結社への5句と課題句を
投句用紙に書きましたが
25日までの内に再度見直すつもりです。

また、ブログにお邪魔しますねv-398
  • 2016-01-15 22:22
  • 5009さんへ
  • URL
  • 編集

[C5012] きたきつね

フォックスフェイスという果実(かな)を見て狐の句をと思いましたが、ダメ。
子供の頃は声も聞いたかと思いますが、覚えていません。
タヌキにしようかな。

[C5013] こんばんは!

> フォックスフェイスという果実(かな)を見て狐の句をと思いましたが、ダメ。

v-290ツノナスの事ですね・・
鉢植えを見たことが有ります・・笑
狐にそっくりですね。。

> 子供の頃は声も聞いたかと思いますが、覚えていません。

秋の夜には、よく啼き声を聞きました。
甲高い声できゅうんと・・・鳴くんです。コンコンじゃありませんv-410

> タヌキにしようかな。

狸の俳句作って下さい。
たぬきも、昔はゐたのですが最近は、足跡有りません。
狐とは違い短足ですから 
雪に胴体を擦って歩きますv-411
  • 2016-01-15 22:47
  • むくさんへ
  • URL
  • 編集

[C5014]

足跡を道と呼びたる雪野かな    鈴木牛後

先日の「まる裏甲子園」で最優秀作品となった
北海道の方の句ですが、りまどさんの写真も
俳句も、まさに「北海道」という感じですね。

果てしなき雪原に足跡をのこすキタキツネは
一体どこで寝ているのでしょう !(^^)!
まさに神出鬼没、「奔放」ですね。

[C5015] おはようございます。

> 足跡を道と呼びたる雪野かな    鈴木牛後
> 先日の「まる裏甲子園」で最優秀作品となった
> 北海道の方の句ですが、りまどさんの写真も
> 俳句も、まさに「北海道」という感じですね。

良い句ですねv-425
はい・・牛後さんは、イタックの俳人さんで
確か奥様も俳句をなさっていますね。v-410

十志夫さんの記事を読んで・・あれっ!と思いました。
優賞為さった句を、どこかで読んだと思いましたの。
のぞき見させて頂いて居る (つれずれなる●っ●)さんでしたね。
その方のブログでまる裏甲子園の様子を読んで居ましたよ。v-411

> まさに神出鬼没、「奔放」ですね。

彷徨って居ますが、塒は前山です。
帰る姿を何度も見たことが有ります。
前山には、蝦夷鹿家族や狐の親子も居るはず・・

羆は・・居ないと思いますv-413
  • 2016-01-16 11:05
  • 十志夫さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

となみりまど

Author:となみりまど
FC2ブログへようこそ!
俳句が趣味の・・・普通の日記です。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。