Entries

見送り

DSCF1930.jpg



上京を見送るホ‐ム桜まじ           りまど



桜まじとは、〈三月桜まじ〉とも。
サクラが咲く時期に吹く暖かい南風。
旧暦3月3日のころよく吹き,晴天が続くので古くは
行楽の目安とされたらしい。


なん
illustrated by nantei

コメント

[C5306] 風趣

「上京を見送るホ‐ム桜まじ」
季語の斡旋が適切。
お姉さまと僕の駅に対しての吹く風というか、風趣が違うと思います。
一日の乗降客百万人の駅と、五百人の駅、その設定によってもこの句の風趣が違います、乗降客が多いからイイ、少ないからダメ、というのではありません。
人それぞれ、思いは深い。
お姉さまの詩心、深い(笑)。
  • 2016-05-06 20:03
  • 小姓
  • URL
  • 編集

[C5307] こんばんは!

> 「上京を見送るホ‐ム桜まじ」
> 季語の斡旋が適切。

どうも有り難う御座いますv-398

> お姉さまと僕の駅に対しての吹く風というか、風趣が違うと思います。

流石 素敵な感じ小姓 方ですね
> 一日の乗降客百万人の駅と、五百人の駅、その設定によってもこの句の風趣が違います、乗降客が多いからイイ、少ないからダメ、というのではありません。
> 人それぞれ、思いは深い。

1日の乗降客百万人の駅と・・此方は現在の1日乗降客六十人足らずです。
留萌~増毛行 増毛線が廃止になりますからまた減ります。
この句は、過去の回想の句です。v-252

>・・・ 詩心、深い(笑)。
小姓さんの鑑賞も深い。。v-398



  • 2016-05-06 22:29
  • 小姓 さんへ
  • URL
  • 編集

[C5308] 桜まじ

お早うございます。

今年、この「桜まじ」という季語を知りました。
その時、「まじ、かっこいい!!」って思いました。

その季語との取り合わせ、素敵です。
「桜まじ」で、別れの悲しさ、淋しさにほんのり希望と期待が見えてくるように思いました。
  • 2016-05-07 07:25
  • おたまおばさん
  • URL
  • 編集

[C5309] おはようございます、


> 今年、この「桜まじ」という季語を知りました。
> その時、「まじ、かっこいい!!」って思いました。

今ね・・まじ!吃驚して貴女のブログ覗きました。
類句&類想になって居ないかを確認しました。v-398

おたまさんの句のほうが 素晴らしいので安心しました。v-290
おかあさまの手紙の句でしたね。とても良い句です。v-425
何処かへ・・投句して居ますか?

実は、俳句界のメ-ル1行詩に投稿 5月5日入選を確認しました。
先月 おたまさんが入選して居ましたね。。あそこです!

> その季語との取り合わせ、素敵です。
> 「桜まじ」で、別れの悲しさ、淋しさにほんのり希望と期待が見えてくるように思いました。

青春時代のりまど・・ボーイフレンドが・・・笑
東京の大学へ・・|д゚)

素敵な講評を頂き有難う御座いました。v-411
  • 2016-05-07 08:16
  • おたまさん へ
  • URL
  • 編集

[C5310]

集団就職というのがありましたね。
田舎の駅で彼らを見送りました。
むしょうに涙が出たものです。

ただし、田舎の桜はまだ蕾でした。
「桜まじ」難しくて詠んだことありません(-_-;)

たぶん、この句は歳時記に残るかも・・・
  • 2016-05-07 10:48
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C5311] おはようございます。

そうですね・・友人も集団就職で
東京へ行きましたが・・寂しくて!寂しくて!
3ヶ月で、帰ってきました。(*^▽^*)

> むしょうに涙が出たものです。

見送りは、どんな場面でも・・りまどは
涙腺が異常に緩いので困ります。

> 「桜まじ」難しくて詠んだことありません(-_-;)
> たぶん、この句は歳時記に残るかも・・・

今回初めて読みました。
りまどの彩時記には残します。v-290
  • 2016-05-07 11:24
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

となみりまど

Author:となみりまど
FC2ブログへようこそ!
俳句が趣味の・・・普通の日記です。

検索フォーム