Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C5322]

ああ、懐かしい光景!
実はブログを始める一年前、函館を訪れたのです。
夜景も見惚れるほどでしたが、
何と言っても土方歳三の銅像に感激しました。
美しい生き方を貫いた、最後の「侍」でした。
冷酷な男の像ばかり伝えられてますが、
こんなに正直な生涯を送った男は少ないでしょう。

流石、明治維新の官軍に最後まで抵抗した函館だと、熱いものが込み上げてきました。
北海道の中で、というか日本の中で最も惹かれた街のひとつ、それが函館でした。

で、青柳町というのはどの辺ですか?
啄木と函館との関わりも全く知りませんでした(-_-;)

知らないと、句の観賞もさっぱりです(>_<)
もともと「なんちゃって」ですけど(^_^;)

  • 2016-05-12 22:26
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C5323] こんばんは!

> 実はブログを始める一年前、函館を訪れたのです。
> 夜景も見惚れるほどでしたが、
> 何と言っても土方歳三の銅像に感激しました。

五稜郭タワ-には、土方氏の素敵な銅像が有りますし
屋上にもたくさんの写真や模型、ジオラマなどありますね。

> 流石、明治維新の官軍に最後まで抵抗した函館だと、熱いものが込み上げてきました。
> 北海道の中で、というか日本の中で最も惹かれた街のひとつ、それが函館でした。

函館は、何度も行きましたが・・
花の時期では 全て雨にけぶれる・・でした。
催花雨!でした。(´;ω;`)

> で、青柳町というのはどの辺ですか?
> 啄木と函館との関わりも全く知りませんでした(-_-;)

たぶん・・ご存じで聞いて居られると思いますが (笑)

・函館の青柳町こそかなしけれ友の恋歌矢ぐるまの花

という啄木の有名な短歌が有ります。
青柳町では、啄木の生涯でほんのひととき!楽しく
妻子を呼び寄せて暮らした時期の様でした。
それで・・句にしてみましたv-398

函館駅から、市電に乗ると確か宝来線・・青柳町停留場が
有ります。
旭川駅前の木賃宿の啄木が1泊したらしいです。
(今は・・有りません。旭川に、りまどが居た時尋ねて探しました (笑))
旭川駅にも啄木の彫塑像が有ります。

伴なりしかの代議士の口あける青き寐顔をかなしと思ひき

名のみ知りて縁もゆかりもなき土地の宿屋安けし我が家のごと

今夜こそ思ふ存分泣いてみむと泊りし宿屋の茶のぬるさかな

啄木が旭川で詠んだ短歌の一部です。v-410

  • 2016-05-12 23:07
  • 南亭さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

青柳町

t123.jpg
函館山からの夜景・・下手で(^_^;)

t114.jpg
五稜郭タワーより五稜郭公園の桜


啄木忌雨にけぶれる青柳町         りまど


なん
illustrated by nantei



コメント

[C5322]

ああ、懐かしい光景!
実はブログを始める一年前、函館を訪れたのです。
夜景も見惚れるほどでしたが、
何と言っても土方歳三の銅像に感激しました。
美しい生き方を貫いた、最後の「侍」でした。
冷酷な男の像ばかり伝えられてますが、
こんなに正直な生涯を送った男は少ないでしょう。

流石、明治維新の官軍に最後まで抵抗した函館だと、熱いものが込み上げてきました。
北海道の中で、というか日本の中で最も惹かれた街のひとつ、それが函館でした。

で、青柳町というのはどの辺ですか?
啄木と函館との関わりも全く知りませんでした(-_-;)

知らないと、句の観賞もさっぱりです(>_<)
もともと「なんちゃって」ですけど(^_^;)

  • 2016-05-12 22:26
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C5323] こんばんは!

> 実はブログを始める一年前、函館を訪れたのです。
> 夜景も見惚れるほどでしたが、
> 何と言っても土方歳三の銅像に感激しました。

五稜郭タワ-には、土方氏の素敵な銅像が有りますし
屋上にもたくさんの写真や模型、ジオラマなどありますね。

> 流石、明治維新の官軍に最後まで抵抗した函館だと、熱いものが込み上げてきました。
> 北海道の中で、というか日本の中で最も惹かれた街のひとつ、それが函館でした。

函館は、何度も行きましたが・・
花の時期では 全て雨にけぶれる・・でした。
催花雨!でした。(´;ω;`)

> で、青柳町というのはどの辺ですか?
> 啄木と函館との関わりも全く知りませんでした(-_-;)

たぶん・・ご存じで聞いて居られると思いますが (笑)

・函館の青柳町こそかなしけれ友の恋歌矢ぐるまの花

という啄木の有名な短歌が有ります。
青柳町では、啄木の生涯でほんのひととき!楽しく
妻子を呼び寄せて暮らした時期の様でした。
それで・・句にしてみましたv-398

函館駅から、市電に乗ると確か宝来線・・青柳町停留場が
有ります。
旭川駅前の木賃宿の啄木が1泊したらしいです。
(今は・・有りません。旭川に、りまどが居た時尋ねて探しました (笑))
旭川駅にも啄木の彫塑像が有ります。

伴なりしかの代議士の口あける青き寐顔をかなしと思ひき

名のみ知りて縁もゆかりもなき土地の宿屋安けし我が家のごと

今夜こそ思ふ存分泣いてみむと泊りし宿屋の茶のぬるさかな

啄木が旭川で詠んだ短歌の一部です。v-410

  • 2016-05-12 23:07
  • 南亭さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

となみりまど

Author:となみりまど
FC2ブログへようこそ!
俳句が趣味の・・・普通の日記です。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。