Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C5324]

>毛を刈られ直ぐに羊の輝けり    
こんにちわ!
りまどさんは、どの様な(事も人も自然)も俳句に出来るのですね!
「羊が毛を刈られてもなお一層輝く」
すばらしいです!羊も喜んでいるかと(私のこんな解釈ですみません)

先日の(函館)の夜景 興味深く見ました。
昨夜、BVDに撮っていた「世界街歩き 函館」をみてりまどさんのブログまた見ました。
夫と「函館も行っておけば良かったなー」と・・・・ 
  • 2016-05-15 10:49
  • 百合かがり
  • URL
  • 編集

[C5325] こんにちは!

お久しぶりです!
何度かお尋ねしましたが ブログ更新して居なかったので
失礼して居ました。v-398

> りまどさんは、どの様な(事も人も自然)も俳句に出来るのですね!
> 「羊が毛を刈られてもなお一層輝く」
> すばらしいです!羊も喜んでいるかと(私のこんな解釈ですみません)

子供の頃 羊(正しくは・・緬羊)を数頭飼って居ました。
春になると 港に莚を引いて1年間に伸びた毛を父が刈りました。

毛を刈ると 羊はピンクの肌で・輝き!春を謳歌しているようでした。
素敵な鑑賞をありがとうございました。

> 先日の(函館)の夜景 興味深く見ました。
> 昨夜、BVDに撮っていた「世界街歩き 函館」をみてりまどさんのブログまた見ました。
> 夫と「函館も行っておけば良かったなー」と・・・・ 

函館なら来易くなりましたでしょうが
旅行となると遠くて、時期も有りますし、
大変ですよね。v-290
  • 2016-05-15 16:51
  • 百合かがり さんへ
  • URL
  • 編集

[C5326]

羊の刈られる姿は、滑稽であり可哀そうですね。
ナンテイの毛なんか、さっと一刷けですが(^^ゞ

床屋に行くと「どこ刈りますか?」なんて(怒!

犬もそうですが、毛がなくなるとピンク色の肌が剥き出しで、痛々しい感じもしますね。
なんか羽抜け鳥を見たような(笑

「食う会」ご苦労さまでした(^^ゞ
  • 2016-05-16 17:42
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C5334] こんばんは!

> 羊の刈られる姿は、滑稽であり可哀そうですね。

刈られて軽く成りピョンピョン跳ねて居ました。

毛を刈ってそれを洗い染色までして
冬中 母は、家族の為にセ-タ-や靴下を編んで居ました。

また、前に編んだものをほどき 新しい毛糸を足して
素敵な模様を入れたセ-タ-にして呉れたり・・
本当に働き者の母でした。父もでしたが (笑)

> 床屋に行くと「どこ刈りますか?」なんて(怒!

南亭さんは、毛の話が好きですね(●^o^●)

> 犬もそうですが、毛がなくなるとピンク色の肌が剥き出しで、痛々しい感じもしますね。
> なんか羽抜け鳥を見たような(笑

ピンクの肌は、春風に寒そうでも有りました・
遠い懐かしい思い出になりました・・

> 「食う会」ご苦労さまでした(^^ゞ

句会は、良かったのですが
風が強くて「10メ‐トル以上」
自転車に乗って居る人は、りまどだけでした( ;∀;)
ちょっと怖かったです!
  • 2016-05-16 21:43
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

羊の毛刈る

32734893.jpg
写真は、お借りしたものです。


毛を刈られ直ぐに羊の輝けり           りまど


なん
illustrated by nantei





コメント

[C5324]

>毛を刈られ直ぐに羊の輝けり    
こんにちわ!
りまどさんは、どの様な(事も人も自然)も俳句に出来るのですね!
「羊が毛を刈られてもなお一層輝く」
すばらしいです!羊も喜んでいるかと(私のこんな解釈ですみません)

先日の(函館)の夜景 興味深く見ました。
昨夜、BVDに撮っていた「世界街歩き 函館」をみてりまどさんのブログまた見ました。
夫と「函館も行っておけば良かったなー」と・・・・ 
  • 2016-05-15 10:49
  • 百合かがり
  • URL
  • 編集

[C5325] こんにちは!

お久しぶりです!
何度かお尋ねしましたが ブログ更新して居なかったので
失礼して居ました。v-398

> りまどさんは、どの様な(事も人も自然)も俳句に出来るのですね!
> 「羊が毛を刈られてもなお一層輝く」
> すばらしいです!羊も喜んでいるかと(私のこんな解釈ですみません)

子供の頃 羊(正しくは・・緬羊)を数頭飼って居ました。
春になると 港に莚を引いて1年間に伸びた毛を父が刈りました。

毛を刈ると 羊はピンクの肌で・輝き!春を謳歌しているようでした。
素敵な鑑賞をありがとうございました。

> 先日の(函館)の夜景 興味深く見ました。
> 昨夜、BVDに撮っていた「世界街歩き 函館」をみてりまどさんのブログまた見ました。
> 夫と「函館も行っておけば良かったなー」と・・・・ 

函館なら来易くなりましたでしょうが
旅行となると遠くて、時期も有りますし、
大変ですよね。v-290
  • 2016-05-15 16:51
  • 百合かがり さんへ
  • URL
  • 編集

[C5326]

羊の刈られる姿は、滑稽であり可哀そうですね。
ナンテイの毛なんか、さっと一刷けですが(^^ゞ

床屋に行くと「どこ刈りますか?」なんて(怒!

犬もそうですが、毛がなくなるとピンク色の肌が剥き出しで、痛々しい感じもしますね。
なんか羽抜け鳥を見たような(笑

「食う会」ご苦労さまでした(^^ゞ
  • 2016-05-16 17:42
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C5334] こんばんは!

> 羊の刈られる姿は、滑稽であり可哀そうですね。

刈られて軽く成りピョンピョン跳ねて居ました。

毛を刈ってそれを洗い染色までして
冬中 母は、家族の為にセ-タ-や靴下を編んで居ました。

また、前に編んだものをほどき 新しい毛糸を足して
素敵な模様を入れたセ-タ-にして呉れたり・・
本当に働き者の母でした。父もでしたが (笑)

> 床屋に行くと「どこ刈りますか?」なんて(怒!

南亭さんは、毛の話が好きですね(●^o^●)

> 犬もそうですが、毛がなくなるとピンク色の肌が剥き出しで、痛々しい感じもしますね。
> なんか羽抜け鳥を見たような(笑

ピンクの肌は、春風に寒そうでも有りました・
遠い懐かしい思い出になりました・・

> 「食う会」ご苦労さまでした(^^ゞ

句会は、良かったのですが
風が強くて「10メ‐トル以上」
自転車に乗って居る人は、りまどだけでした( ;∀;)
ちょっと怖かったです!
  • 2016-05-16 21:43
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

となみりまど

Author:となみりまど
FC2ブログへようこそ!
俳句が趣味の・・・普通の日記です。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。