Entries

大漁旗を・・

花昼顔 1




大漁旗浜昼顔に広げ干す        りまど




なん
illustrated by nantei

コメント

[C5390]

大漁旗を見ることが無くなりました。

昔は東京湾最大の漁港、寒川に、
大漁旗を押し立てた漁船が、
わんさと帰ってきたものですが、
埋め立てで漁港は小さな湾に押し込められました。
周りは寂れた漁師の街です。

浜昼顔、九十九里浜の一角に咲くだけです。
大漁旗を干すということは、
季節の漁が終ったということでしょうか?
  • 2016-06-13 12:08
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C5391] こんにちは!

> 大漁旗を見ることが無くなりました。
> 昔は東京湾最大の漁港、寒川に、
> 大漁旗を押し立てた漁船が、
> わんさと帰ってきたものですが、
> 埋め立てで漁港は小さな湾に押し込められました。
> 周りは寂れた漁師の街です。

こちらでも大漁旗は、昔の1割に減りました。
でも・・お祭りや漁の始め、お正月、祭日には
係留の船に立てて居ます。
我が港より 隣町は、帆立漁で新造船も華やかですので
大漁旗がはためきます。
帆立の売り場小屋も、大漁旗を飾って居ます。

> 浜昼顔、九十九里浜の一角に咲くだけです。
> 大漁旗を干すということは、
> 季節の漁が終ったということでしょうか?

ここは、砂浜が少なく成ったので
浜昼顔が我が畑にも直ぐ入り込みます。
道路脇でも、たんぽぽと一緒に自然に咲いて居ます。

漁の終わりではなく・・海の気に
湿っぽく成った大漁旗をふわりと掛けて
干している風景です。v-398
  • 2016-06-13 14:02
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

[C5392]

こんにちは。

この句、1か月ほど前「大漁旗」で調べ物していたら行き当たりました。
その時、りまどさん、うまいなぁ~って感心。

大漁旗が広がる風景も、砂浜一面に昼顔が群生している風景も見えてきました。

それでね、おたまは、大漁旗の季語を使うのを諦めたのです。
これ以上の物は詠めないと降参したから・・・。
やはり、実景を見ていない者には無理ですね。
いつか、こういう風景を見に行きたいと思います。
  • 2016-06-14 12:22
  • おたまおばさん
  • URL
  • 編集

[C5393] こんにちは!

結社の留萌支部の句会で・・今帰ってきました。

> この句、1か月ほど前「大漁旗」で調べ物していたら行き当たりました。
> その時、りまどさん、うまいなぁ~って感心。
> 大漁旗が広がる風景も、砂浜一面に昼顔が群生している風景も見えてきました。

俳句界には、季語を変え投句もして居ます。v-393
昨日、妹宅の焼肉専用の浜小屋で、焼き肉をご馳走になりましたが
そこにも・・亡父の大漁旗2枚ロフトから垂らしています。(笑)

近年 砂浜が減少してりまどの畑にも
浜昼顔が入り込み・・困って居ます。|д゚)

> やはり、実景を見ていない者には無理ですね。
> いつか、こういう風景を見に行きたいと思います。

りまどは、田舎暮らしですから目にするものは
海と山しか有りません。v-393

句が似たり寄ったりばかりで、恥ずかしいです。(;'∀')
  • 2016-06-14 16:26
  • おたまさん へ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

となみりまど

Author:となみりまど
FC2ブログへようこそ!
俳句が趣味の・・・普通の日記です。

検索フォーム