Entries

二人して

96992118.jpg



二人して蛍のやうにさ迷へる          りまど



○季語を比喩として使う場合、季語としては
機能していないと考える俳人もいます。
私は、比喩の向こうに季語の実態が
感じ取れるような句については、
それはそれで良しとする立場をとっています。

掲出句は、「二人」して「さ迷へる」思いの向こうに、
「蛍」の幻影をみることができると考えます。

俳句ポスト 第69回 蛍 夏井いつき先生よりコメントを頂きました。



なん

コメント

[C5534]

りまどさんのところにお邪魔すると、
俳句の一から教わるようで、有難いです。

といいつつ、何が何だかさっぱりですが(^_^;)

夏井氏という方は現在、俳句の第一人者なんですか?
あちこちでお名前を伺っていますが・・・。

知らぬはナンテイ一人( 一一)?
浦島太郎の心地でございます~

しかし、りまどさんも第一人者の道を、ひた走り!
句集を心待ちにしておりますよ^^


  • 2016-08-22 19:36
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C5535] おはようございます。

NANTEI さんには、熟知して居て
詰まらない事かと・・思って居ます。

> 夏井氏という方は現在、俳句の第一人者なんですか?
> あちこちでお名前を伺っていますが・・・。

そうだと思います。俳句の種蒔き運動をなさっています。 (笑)
りまどは、俳句を始めてから直ぐに
夏井先生の追っかけの如く・・先生が撰者をなさる
サイトを検索して学んで居ます。

> 知らぬはナンテイ一人( 一一)?
> 浦島太郎の心地でございます~

木曜日のテレビ(プレバト)を機会が有りましたら
覗いて下さいませ。(._.)

句集には、全く興味が有りませんし
貧しい年金受給者には、とても無理です。

それに・・何より俳句が出来て居ません。(;'∀')
  • 2016-08-23 10:01
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

[C5536] 二人して

りまどさん、「蛍」俳句ナイスで又夏井先生のコメント、心打ちました。

昨日買物ついでに書店でNHk俳句9月号立ち読み(数分間
笑い!)しました。
りまどさん、まどんさんの御名前見つけました。
(自称俳句の教師)と考えている方の名前を見て嬉しくなりました。
いつもおめでとうございます。

追伸 台風9号の影響 大丈夫ですか?
  • 2016-08-23 11:48
  • 百合かがり
  • URL
  • 編集

[C5537] 二人して

百合かがりさん・・色々とお忙しいでしょうね。

>「蛍」俳句ナイスで又夏井先生のコメント、心打ちました。

先生のコメントは、何時も勇気を頂きます・・( ..)φメモメモ

NHk俳句9月号立ち読みで、りまどとまどんさんを見つけて呉れて
有難う。(*'▽')
早速まどんさんにもお知らせしますね。

暫くNHKさんには、見放されて居ましたので
嬉しいです。お知らせ有難う御座います。

> 追伸 台風9号の影響 大丈夫ですか?

はい・・お陰様で今のところは、・・・秋の雲が綺麗な
青空です。御心配どうも有り難うv-290
  • 2016-08-23 15:04
  • 百合かがり さんへ
  • URL
  • 編集

[C5538]

あ~なんて穏やかな句でしょう。
ホタルは亡くなった人の化身とも…
以前読んだ本では
在日朝鮮人の特攻隊員がお世話になった宿泊所のお母さんに
「死んだらきっとホタルになって帰ってくるよ」と言い残し
数日後に本当にホタルが来たと言う実話があります。
私はこんなに飛んでいるホタル
まだ見たことがありません。
見たら泣いちゃいそうだけど…


  • 2016-08-24 00:07
  • えぐ
  • URL
  • 編集

[C5539] こんにちは!

> あ~なんて穏やかな句でしょう。
> ホタルは亡くなった人の化身とも…
> 以前読んだ本では
> 在日朝鮮人の特攻隊員がお世話になった宿泊所のお母さんに
> 「死んだらきっとホタルになって帰ってくるよ」と言い残し
> 数日後に本当にホタルが来たと言う実話があります。

映画もありましたね 知覧飛行場の特攻兵たちと
食堂の叔母さんの話でした」。

> 私はこんなに飛んでいるホタル
> まだ見たことがありません。
> 見たら泣いちゃいそうだけど…

りまどの小さい時は、家の横に
小川が有って蛍が沢山いました。

今は、近郊の蛍の里に行かなければ見れません。v-393
  • 2016-08-24 16:59
  • えぐさんへ
  • URL
  • 編集

[C5546] いつき

いつき、に、ひ一言もらえたということは上位入賞なんですね。
僕が「いつき」と敬称を省くのは世界一短い詩型、俳句には作者名も作品の内、と考えているからです。
作品に敬称はいらない。

いつきの句風は伝統俳句系ではないですよね、どちらかと言えば、独自の個性を貫く俳人、(彼女の作品・「選は幅が広い」)リマドさんといつきは結び着かなかった。

「二人して蛍のやうにさ迷へる 」   この句もいつきならではの選だと思う。
りまどさんの句風も変わって来ている、幅が広くなった、「姉ちゃん僕より齢が上」・・👈(ここは絵文字でボケるところだけれどここは絵文字がない)
だけど句は若くなっている。 (絵文字)     
  • 2016-08-29 08:59
  • 小姓
  • URL
  • 編集

[C5547] 句風が変わっている、いつのまに

『ひたぶるに星砕きたる敗戦日』
こういう句を詠めるようになったんだ、成長し続けるりまど。
ひたすらに星を砕いていた当時の愚かな出来事。
社会性俳句、この題材はリマドらしくない。
  • 2016-08-29 09:19
  • 小姓
  • URL
  • 編集

[C5550] こんにちは!

上位入賞ではないのですが・・りまどの句を引用して
コメントして下さったので感激して居ます。

> いつきの句風は伝統俳句系ではないですよね、どちらかと言えば、独自の個性を貫く俳人、(彼女の作品・「選は幅が広い」)リマドさんといつきは結び着かなかった。
「二人して蛍のやうにさ迷へる 」   この句もいつきならではの選だと思う。
> りまどさんの句風も変わって来ている、幅が広くなった、「姉ちゃん僕より齢が上」・・👈(ここは絵文字でボケるところだけれどここは絵文字がない)
> だけど句は若くなっている。 (絵文字)

俳句を始めてから 前にも言いましたが・・
結社以外に 夏井いつき先生を追いかけてゐました。
まぐれに優勝して ミニコンポを頂いたからかもしれません (笑)

夏井いつき撰者さんのサイトに・・何時も投稿して居ます。

句風が変わったのは、少しましになったカラでしょうか?
句が若く成って居るは、嬉しいですv-411

何度も言うのが嫌ですがv-414
小姓さんより、りまどの方が戸籍上は若いのですけれどv-397
  • 2016-08-29 15:53
  • 小姓さんへ
  • URL
  • 編集

[C5551] 句風

> 『ひたぶるに星砕きたる敗戦日』
> こういう句を詠めるようになったんだ、成長し続けるりまど。
> ひたすらに星を砕いていた当時の愚かな出来事。
> 社会性俳句、この題材はリマドらしくない。

前にもコメント頂きましたね。
本当に愚かな戦争でした。
社会性俳句・・は、りまどらしくないでしょうか?

夏井いつき選で↓の句も有ります。v-398

・冬靴穿き脱原発のデモに行く りまど
  • 2016-08-29 16:02
  • 小姓 さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

となみりまど

Author:となみりまど
FC2ブログへようこそ!
俳句が趣味の・・・普通の日記です。

検索フォーム