Entries

熊胆

DSCF3045.jpg
隣村の郵便局です



焦げ臭き熊胆吊るす記念館     りまど



第160回 松山俳句ポスト課題 熊(冬の季語)
日本の山野に生息するものの中では代表的な猛獣。
本州以南では月輪熊(ツキノワグマ)、北海道では羆(ヒグマ)が生息する。

 こげくさきゆうたんつるすきねんかん 人選を頂きました。
 有難うございました<(_ _)>
 
 結婚した当時は、旭川の川村カ子トアイヌ記念館の直ぐ傍に
 居ました。当時は、観光バスが沢山来て居ましたし
 有名な川村カ子ト(カワムラカネト)翁も健在でした。
 隣人は、記念館の売店で働いて居て
 観光バスが付いたらウポポ(古式舞踊)などを
 披露して居ました。

 もう・・随分昔の想い出になりました(*'▽')



なん

コメント

[C5878] 熊胆

>焦げ臭き熊胆吊るす記念館  

りまどさん、「熊」の俳句写真 北海道の山写真かな?と思っていました。
「熊胆」の事も知らず、りまどさんのお句により知りました。

「熊」 難しかったです!俳句も写真も!
私はいつもですが(笑い)

  • 2017-01-23 10:38
  • 百合かがり
  • URL
  • 編集

[C5879] こんにちは!


> りまどさん、「熊」の俳句写真 北海道の山写真かな?と思っていました。
> 「熊胆」の事も知らず、りまどさんのお句により知りました。

冬山は、登らなかったので
夏山の写真しか有りません。 (笑)
ポスト俳句3句投句しました↓・・熊の句が2句とも没でした。(ノД`)・゜・。

・熊肉と言はれ素面に戻りたる
・手配書の熊討ち果す怒り肩


> 「熊」 難しかったです!俳句も写真も!
> 私はいつもですが(笑い)

ほんとほんと・・何時でも難しいです。v-393
コメント有難うv-411
  • 2017-01-23 13:31
  • 百合かがり さんへ
  • URL
  • 編集

[C5880] つづれさせ

>焦げ臭き熊胆吊るす記念館     りまど
「熊胆」・・・まさに北国ならではの季語ですね。
ひょろひょろした都会人にはとても読めない季語
です。

「俳句界2月号」たくさんの選、おめでとうございま
す。
●灯を消して (古賀先生の秀逸句)
※季語「つづれさせ」・・・勉強せていただきました。
  • 2017-01-23 23:35
  • 十志夫
  • URL
  • 編集

[C5881]

熊の肝というのは、焦げ臭いのですか?
というより炙ったものを吊るしていたのでしょうかね。

北海道ならではの、生々しい光景かと思います。
肝の小さいナンテイです(><)
  • 2017-01-24 11:37
  • NANTEI
  • URL
  • 編集

[C5882] こんにちは!

>焦げ臭き熊胆吊るす記念館     りまど
「熊胆」・・・まさに北国ならではの季語ですね。

熊の課題は、熊胆でなく 熊を詠むべきでしたね
熊の句は、没でした(ノД`)・゜・。


> 「俳句界2月号」たくさんの選、おめでとうございま
> す。
> ●灯を消して (古賀先生の秀逸句)
> ※季語「つづれさせ」・・・勉強せていただきました。

毎月 今月は、没か?と冷やひやして居ます。
十志夫さんの句に赤丸付ける楽しみが無く成り
・・投句欄を開く楽しみが半減して居ますv-393

稀勢の里関は、天晴な勝ち方でしたね。
お目でとうございます。
またまた相撲婆にとって楽しみが増えました(*'▽')
  • 2017-01-24 16:28
  • 十志夫さんへ
  • URL
  • 編集

[C5883] こんにちは!

> 熊の肝というのは、焦げ臭いのですか?
> というより炙ったものを吊るしていたのでしょうかね。

いいえ・・炙ったものではないようでした。
細い一輪挿しのような形で上が細く縛って有った様でした。

幽かな匂いが有った様でしたが チセの藁の匂いか
焚火の匂いか・・定かではないのですが
カチカチでした。

> 北海道ならではの、生々しい光景かと思います。
> 肝の小さいナンテイです(><)

記念館は、旭川の二男の住まいのすぐ裏手にあるのですが
今は、観光客も無いようで随分寂れた感じでした。
  • 2017-01-24 16:37
  • NANTEI さんへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

となみりまど

Author:となみりまど
FC2ブログへようこそ!
俳句が趣味の・・・普通の日記です。

検索フォーム