Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C5936]

サッカーのロスタイムのように、
人生のフルタイムが終わったあとに、
そう誘ってくれるなら
じゃあ、行こうかな~って、終の棲家に、
ゆっくり時間が 流れていそうですね。

木を引き上げている人は、
「そこに、木があったから」
と、答えそうですね。
長さは4mくらいでしょうか、直径は20~30cmくらいですね。
水の上では動きますが
陸の上では、絶対無理ですね!
2mでも 大変だと思います。
4mの価格は980円くらいですよ。
  • 2017-02-17 11:03
  • 市場のお姉さん
  • URL
  • 編集

[C5941] こんにちは!

> サッカーのロスタイムのように、
> 人生のフルタイムが終わったあとに、
> そう誘ってくれるなら
> じゃあ、行こうかな~って、終の棲家に、
> ゆっくり時間が 流れていそうですね。


もう半世紀前の安足間駅の
想い出は、この詩が有ったから今も忘れられません。

> 木を引き上げている人は、
> 「そこに、木があったから」
> と、答えそうですね。

あははは・・この前日は、義弟さんが家の前の海で
2本引き上げました。磯で切って運んだそうです。

> 長さは4mくらいでしょうか、直径は20~30cmくらいですね。
> 水の上では動きますが
> 陸の上では、絶対無理ですね!
> 2mでも 大変だと思います。
> 4mの価格は980円くらいですよ。

詳しく有難う(^_-)-☆
思わぬ頂きものですね。
この辺の方は、未だ薪スト-ブを焚いて居る方も
多きのです。(妹家も薪です・・暖かいです。)

漁労小屋は、殆どが薪を焚いて居ます。
  • 2017-02-17 16:10
  • 市場のお姉さん
  • URL
  • 編集

[C5944] ロシアから?

ロシアから流れてくるのですか?

以前、敦賀港にも大量に流れてきて
放置されていて、取りに行った方がおられました。
でも、木が流れてくるって 凄いですね。
  • 2017-02-20 09:54
  • 市場のお姉さん
  • URL
  • 編集

[C5945] おはようございます。

> ロシアから流れてくるのですか?

ここの港には、木材の外国船が、入る埠頭、タンカ-の
入る埠頭、石炭の入る埠頭等が有ります。
たぶん木材の埠頭に入る外国船が何かの理由で
入港前に海に落ち海流の関係で 当地に寄ったものと
思われます。

> 以前、敦賀港にも大量に流れてきて
> 放置されていて、取りに行った方がおられました。
> でも、木が流れてくるって 凄いですね。

流木は、昔から多くて
我が家も薪でしたので一家総出で
父の船で流木を拾いに行きました。

山からの流れ落ちる胡桃は、
海で拾い集めてスト-ブで焼いて食べました。

今は、鴉が拾い国道に上から落し
車に轢いて貰い食べて居ます。
賢い鴉です(*^-^*)
  • 2017-02-20 12:01
  • 市場のお姉さん へ
  • URL
  • 編集

[C5948] そうですか!

そうですよね、ロシアからは、流れてきませんよね(笑)
そういえば、ボロボロの船は、嵐の日に、
わざと丸太を捨てて軽くすると、聞いたことがあります。
クルミは、この辺りの海岸でも拾えるそうです。
でも、鴉が拾うとは、知りませんでした。

ついでに、鴉の字も分からずに
鵜かと思いましたが、少し違うなぁ~と、
検索して分かりました。
烏の地名が近くにあるので
カラスと読むとは、思っていませんでした。
  • 2017-02-21 10:21
  • 市場のお姉さん
  • URL
  • 編集

[C5949] こんにちは!

> そういえば、ボロボロの船は、嵐の日に、
> わざと丸太を捨てて軽くすると、聞いたことがあります。

そうそう・・この話はよく聞きます。
港へ入る前に捨てたのか 事故かですね

先日鴉は、昆布の根に付くひる貝(ム-ル貝に似たものを)を
国道に置き、車に轢かせて壊れたのを突いて食べて居ました(*'▽')

> ついでに、鴉の字も分からずに
> 鵜かと思いましたが、少し違うなぁ~と、
> 検索して分かりました。
> 烏の地名が近くにあるので
> カラスと読むとは、思っていませんでした。

鴉は、鵜に似て居ますね。
此方にも海鵜が居ますが、川にも居て
川鵜との区別は出来ませんv-8

何時もコメント有難う<(_ _)>
  • 2017-02-21 11:51
  • 市場のお姉さん へ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

百田宗治の詩

大寒やロ-カル駅に宗治の詩      りまど

俳句界メール一行詩 2017年1月20日〆入選<(_ _)>

      安足間       百 田 宗 治 

あんたろまから こいと いう
縁側から、正面に、大雪山の雪渓が
見えると いう。
石狩の上流が あふれて、
泥やなぎの根を洗って いるのを、
見にこいと いう。
山女を 食いに こいと いう。
えさも ある。 郵便局もある。
望みなら、手ごろの住居も
建てて やると いう。
薪にも 不自由は させぬという。
埋もれに こよと いう。
死にに こよという。


  若い頃の大雪縦走で愛山渓へ下山しました。
  その時に寄った安足間 (あんたろま)駅に↑の詩が有りました。
  急いでメモして来た詩です。
  北海道上川郡愛別町字愛山にある安足間駅は、今は無人駅になりました。 



DSCF3142.jpg
2月6日 散歩中に流木を拾っていた二人です。

DSCF3141.jpg
力を合わせて・・引きあげて居ました。

DSCF3160.jpg
帰りに見ましたら、この通リ薪にも不自由は、させません。 (^_-)-☆



なん

コメント

[C5936]

サッカーのロスタイムのように、
人生のフルタイムが終わったあとに、
そう誘ってくれるなら
じゃあ、行こうかな~って、終の棲家に、
ゆっくり時間が 流れていそうですね。

木を引き上げている人は、
「そこに、木があったから」
と、答えそうですね。
長さは4mくらいでしょうか、直径は20~30cmくらいですね。
水の上では動きますが
陸の上では、絶対無理ですね!
2mでも 大変だと思います。
4mの価格は980円くらいですよ。
  • 2017-02-17 11:03
  • 市場のお姉さん
  • URL
  • 編集

[C5941] こんにちは!

> サッカーのロスタイムのように、
> 人生のフルタイムが終わったあとに、
> そう誘ってくれるなら
> じゃあ、行こうかな~って、終の棲家に、
> ゆっくり時間が 流れていそうですね。


もう半世紀前の安足間駅の
想い出は、この詩が有ったから今も忘れられません。

> 木を引き上げている人は、
> 「そこに、木があったから」
> と、答えそうですね。

あははは・・この前日は、義弟さんが家の前の海で
2本引き上げました。磯で切って運んだそうです。

> 長さは4mくらいでしょうか、直径は20~30cmくらいですね。
> 水の上では動きますが
> 陸の上では、絶対無理ですね!
> 2mでも 大変だと思います。
> 4mの価格は980円くらいですよ。

詳しく有難う(^_-)-☆
思わぬ頂きものですね。
この辺の方は、未だ薪スト-ブを焚いて居る方も
多きのです。(妹家も薪です・・暖かいです。)

漁労小屋は、殆どが薪を焚いて居ます。
  • 2017-02-17 16:10
  • 市場のお姉さん
  • URL
  • 編集

[C5944] ロシアから?

ロシアから流れてくるのですか?

以前、敦賀港にも大量に流れてきて
放置されていて、取りに行った方がおられました。
でも、木が流れてくるって 凄いですね。
  • 2017-02-20 09:54
  • 市場のお姉さん
  • URL
  • 編集

[C5945] おはようございます。

> ロシアから流れてくるのですか?

ここの港には、木材の外国船が、入る埠頭、タンカ-の
入る埠頭、石炭の入る埠頭等が有ります。
たぶん木材の埠頭に入る外国船が何かの理由で
入港前に海に落ち海流の関係で 当地に寄ったものと
思われます。

> 以前、敦賀港にも大量に流れてきて
> 放置されていて、取りに行った方がおられました。
> でも、木が流れてくるって 凄いですね。

流木は、昔から多くて
我が家も薪でしたので一家総出で
父の船で流木を拾いに行きました。

山からの流れ落ちる胡桃は、
海で拾い集めてスト-ブで焼いて食べました。

今は、鴉が拾い国道に上から落し
車に轢いて貰い食べて居ます。
賢い鴉です(*^-^*)
  • 2017-02-20 12:01
  • 市場のお姉さん へ
  • URL
  • 編集

[C5948] そうですか!

そうですよね、ロシアからは、流れてきませんよね(笑)
そういえば、ボロボロの船は、嵐の日に、
わざと丸太を捨てて軽くすると、聞いたことがあります。
クルミは、この辺りの海岸でも拾えるそうです。
でも、鴉が拾うとは、知りませんでした。

ついでに、鴉の字も分からずに
鵜かと思いましたが、少し違うなぁ~と、
検索して分かりました。
烏の地名が近くにあるので
カラスと読むとは、思っていませんでした。
  • 2017-02-21 10:21
  • 市場のお姉さん
  • URL
  • 編集

[C5949] こんにちは!

> そういえば、ボロボロの船は、嵐の日に、
> わざと丸太を捨てて軽くすると、聞いたことがあります。

そうそう・・この話はよく聞きます。
港へ入る前に捨てたのか 事故かですね

先日鴉は、昆布の根に付くひる貝(ム-ル貝に似たものを)を
国道に置き、車に轢かせて壊れたのを突いて食べて居ました(*'▽')

> ついでに、鴉の字も分からずに
> 鵜かと思いましたが、少し違うなぁ~と、
> 検索して分かりました。
> 烏の地名が近くにあるので
> カラスと読むとは、思っていませんでした。

鴉は、鵜に似て居ますね。
此方にも海鵜が居ますが、川にも居て
川鵜との区別は出来ませんv-8

何時もコメント有難う<(_ _)>
  • 2017-02-21 11:51
  • 市場のお姉さん へ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

となみりまど

Author:となみりまど
FC2ブログへようこそ!
俳句が趣味の・・・普通の日記です。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。